青色申告なら65万お得?青色申告と白色申告の違い。

確定申告。

ひとくちに確定申告と言っても、実は「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

まずは、「青色申告」と「白色申告」の違いを見ていきましょう。

実は、確定申告に必要な「帳簿作成」「決算書」の作成はどちらも必要で、「青色申告」の承認手続を行うだけで、様々なメリットを得ることができるのです。承認手続も、申請書を1枚提出するだけですので非常に簡単に「青色申告」として確定申告を行うことができます。

昔は、「白色申告」の方が帳簿作成に手間がかからないといったメリットがありましたが、法改正により実質的な差は承認手続を行うか、行わないかの違いに過ぎません。

間違いなく「青色申告」の方がお得ですので、「青色申告」を選択しましょう。

次に、「青色申告」の代表的なメリットを見ていきましょう。

メリット1つ目、青色申告特別控除という課税所得から65万円の特別控除があります。単純に「青色申告」にしているだけで65万円も控除され、年収400万円の方の計算ですと「白色申告」と「青色申告」の場合で税金の金額は13.6万円もの差がついてきます。

メリット2つ目、自宅にかかるお金の一部を経費とすることができます。経費にすることができるということは、文字どおり、収入から控除できる経費が増えるということなので、税金計算の基礎となる課税所得を減らすことができます。

メリット3つ目、ある年の赤字を3年間繰越して翌年以降の黒字と相殺することができます。こちらは、ナイトワークで働く皆さんにはあまり起き得ないことかもしれませんが、収入が300万円に対して経費が400万円かかり、100万円の赤字になってしまった時があれば、翌年以降その赤字と翌年の黒字額と相殺し、税金を減らすことができます。

以上、簡単ではありますが「青色申告」と「白色申告」についてご説明させていただきました。間違いなく「青色申告」をしたほうがお得ですので、確定申告を行う際にはご留意ください。

また、不明点や疑問になる点がありましたら下記より気軽にお問い合わせください。